読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 アップルからの提案として面白いのは、「深呼吸」のタイミングを知らせて

 アップルからの提案として面白いのは、「深呼吸」のタイミングを知らせてくれる「Breathe」という機能が搭載されたことだ。今のiOSでも、健康に配慮して1時間に一度「立ち上がるように」提案されるが、そこに「深呼吸」も追加されるわけだ。 ルイヴィトンiPhone6sケースもちろん、自分で選ぶことになるが。  Apple TV用のtvOSは、「アプリこそがテレビの未来」という方向性が維持される。 シャネルiphone6 ケース特に伸びているのが動画アプリ、というテレビの性質を反映してか、シングルサインオンなど、動画アプリの使い勝手をあげる方向性が目立つ。また、手軽に使えるよう、iPhone用の「リモート」アプリが更新され、iPhoneがApple TV用のリモコン代わりになる。 ルイヴィトンiPhone6ケースモーションセンサーや文字入力もできる。また、ホームシアターなどの暗いところで使う時のための「ダークモード」搭載は、求められていた機能の一つと感じる。 ルイヴィトンiPhone6ケース ■Mac用OSは「macOS」に  Mac用OSは、噂通り「macOS」になった。ソフトウエアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのクレイグ・フェデリギ氏は、「MacだけOSのネーミングルールが違う」と言い、新しいOSの名前を紹介したが、iOSが「10」になり、OS Xでは紛らわしくなったのも事実。 シャネルiphone6 ケースそろそろMac用OSを「10」から解放してあげる時だ。新バージョンの愛称は「macOS Sierra」になる。 ルイヴィトンiPhone6ケース  macOS Sierraの大きな変更の中でも目立つのは、iOS機器との連携機能だ。Apple Watchをつけていると自分のMacを使い始める際のパスワード認証を「パス」する「Auto Unlock」はその典型だ。 ルイヴィトンiPhone6sケース  これに限らず、アップルはmacOSで、iOS機器と連携する機能を推した。これまでも、iPhoneで着信した電話やメッセージを連載させてきたが、macOS Sierraからはその幅がさらに広がる。 超人気iphoneケース「コピー」した内容を、機器の壁を超えて「ペースト」できるようになる、「Universal Clipboard」もその一環だ。  実のところ、Auto UnlockもUniversal Clipboardも、似た発想で機能を実現したサードパーティーアプリはすでにある。そうした機能をOS標準にしていくのはアップルの伝統でもあり、悪くいえば「サードパーティー殺し」の部分もあるが、OSを持つところが最適化して実装することは、完成度を高め、使い勝手をあげる、という点ではプラスともおえる。デベロッパーにとっても痛し痒し、というところだろうか。 ルイヴィトンiPhone6ケース  しかし、機器を超えた連携という意味では、なにより本質的な変化となるのが「Apple Pay」がMacでも使えるようになることだ。もちろん、基調講演でも示されたように、下の写真のような状態になるわけではない。 iPhone6ケース シャネル風ウェブの一般的な決済でApple Payが使えるようになるのだ。これは、Apple Pay登場時から示されていたビジョンの一つであり、それがようやく日の目を見る。 iPhone6sケースグッチ  ウェブ決済でApple Payのようなものが使えるようになると、サービス側にクレジットカード番号などの個人情報を記録する必要がなくなる。また、自分のiPhoneがないと決済ができないため、なりすましも困難だ。 シャネルiphone6 ケース二段階認証を採用するサービスが増えているが、本質は「自分が持っていて、他人が使えない機器を認証に使うこと」であり、Apple Payでのウェブ決済も、この流れに沿う。  ネット通販の安全性を高める上では重要な変化だ。 iPhone6ケース シャネル風クレジットカード決済の世界では、カード情報を一度しか使えない暗号の形でやりとりする「トークナイゼーション」という仕組みが広がっている。Apple PayやAndroid Payなどの非接触決済は、この上に組み立てられたものといえる。 iPhone6ケーストークナイゼーションに伴う決済はウェブももちろん対象なので、Apple Payの拡大も既定路線ではある。しかし、これが広がると、iPhoneを使っている人は、よりMacを、という流れを加速することは間違いない。 ルイヴィトンiPhone6ケースアップルは、6月13日からサンフランシスコで開催した年次開発者イベント「WWDC2016」で、iPhone向けの最新OS「iOS 10」を披露した。開発者向けには同日から試用がスタートし、一般向けのプレビューは7月からとなる。 超人気iphoneケース正式版は秋のリリース予定で、おそらく次期iPhoneが発表・発売されるタイミングとみられる9月に、無料で公開される予定だ。  iOS 10には、以下の10の新機能を搭載する。 iphone6ケース 1. 通知機能の刷新と、リッチ通知の採用 2. 「Siri」 APIの開発者への公開 3. 端末内データを元にした予測候補「QuickType」と、手書き認識の追加 4. 写真アプリの刷新で、写真認識機能を生かしたアルバム自動生成機能を搭載 5. 地図アプリの刷新、ナビゲーションの改善、開発者へのAPI公開 6. 「Apple Music」のデザイン刷新 7. ニュースアプリのデザイン刷新 8. 新アプリ「Home」の追加とホームオートメーション管理の対応 9. 通話機能改善、留守番電話の音声認識、サードパーティーアプリの着信画面対応 10. メッセージアプリの表現力向上と、APIの開発者への公開  この中で共通しているのが、「API(アプリケーションプログラムインターフェイス)の公開」というキーワードだ。つまり、インターフェースを社外に公開し、アップル以外の第三者にも使用を許可するということだ。 ルイヴィトンiPhone6ケース ■ 体験の分断から、アプリの分断へ  この「API公開」というキーワードをひも解くことで、iOS 10の狙いを考えることができる。  Siriや地図、メッセージアプリのAPI公開の意味するところは、これらのアプリの中で、第三者が開発したアプリの機能を呼び出せるようになる、という点だ。 グッチiPhone 6sケース  たとえばSiriであれば、これまでアップル純正のアプリやアップルが用意した提携コンテンツしか音声で操作できなかったが、開発者のアプリの機能を実行できるようになる。  また地図アプリの場合は、地図上で「Uber」のタクシー予約をしたり、地図内のレストランについて、「OpenTable」の機能を使って予約できるようになる。 ルイヴィトンiPhone6sケースメッセージアプリの場合、アニメーションや個人間送金などのアプリの機能を呼び出したり、Apple Musicの曲をアプリを切り替えずに再生しながらチャットを楽しめる。