読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 携帯販売ランキング(6月6日~6月12日):   ●キャリア総合ランキング TOP

 携帯販売ランキング(6月6日~6月12日):   ●キャリア総合ランキング TOP10 【新AQUOSのCMキャラ】フリーアナの加藤綾子さん  総合ランキングの上位(1~5位)は今週もiPhone勢に占められた形が続いている。下位は順位などが比較的大きく変化した。 超人気iphoneケース発売後4週目に入ったNTTドコモ「Galaxy S7 edge SC-02H」は先週と同じ8位をキープ。今週の注目は、シャープ製の人気スマートフォン「AQUOS」シリーズの最新端末で、名前は異なるもののほとんど同じスペックで6月10日に3キャリアから一斉に発売となった。 iPhone6ケースグッチ総合ランキングでは、auが発売した「AQUOS SERIE SHV34」が9位に入ってきた。また、1月25日週以来、先週まで19週連続でトップ10入りしていたY!mobile端末だが、今週は姿を消してしまった。 iPhone6ケース ●キャリア別ランキング TOP10 (NTTドコモ)  NTTドコモのランキングの1、2位は3週連続で同じ。1位の「iPhone 6s(64GB)」に「Galaxy S7 edge SC-02H」が続いている。 iPhone6ケース シャネル風今週は6月10日発売のシャープ製新端末「AQUOS ZETA SH-04H」が6位に登場。5.3型フルHD IGZO液晶ディスプレイ、約2260万画素カメラ、指紋センサーなどを備えた高性能モデルだ。 ルイヴィトンiPhone6ケース ●キャリア別ランキング TOP10 (au)  KDDI(au)ランキングには、新端末が2機種初登場。1つは3位の「AQUOS SERIE SHV34」で、総合ランキングでも9位に入っている。 超人気iphoneケース5.3型フルHD IGZO液晶ディスプレイ、約2260万画素カメラなど主要スペックは他キャリアモデルと同じだが、指紋センサーは搭載せず、代わりにインカメラで目をスキャンしてロックを解除する「見るだけ解除」機能を搭載した。もう1つの新端末は、8位初登場の「HTC 10 HTV32」だ。 iPhone6ケース シャネル風HTCが4月に発表したハイエンド機「HTC 10」のau向けモデルで、約5.2型WQHD(1440×2560ピクセル)IPS-S液晶ディスプレイ、3波キャリアアグリゲーション対応で下り最大370Mbps(理論値)の高速通信が可能だ。 ●キャリア別ランキング TOP10 (ソフトバンク)  ソフトバンクは、今週最も動きが少ないランキングとなり、1~6位まで先週と同じ並びだった。 ルイヴィトンiPhone6ケース「iPhone 6s(64Gバイト)」は19週連続1位だ。7位初登場の「AQUOS Xx3」は他ランキングにも登場しているシャープ製のAQUOSシリーズ新端末。 iPhone6ケースグッチこれまでのAQUOSシリーズと比べると角が丸みを帯びたデザインに変わり、ガラスの端も金属フレームに滑らかにつながり持ちやすくなった。モバイルデバイス全盛のこのご時世、スマホとタブレットの2台持ちという人も珍しくない。 ルイヴィトンiPhone6ケース便利な反面、怖いのは故障したときの修理代だ。そんななか、5月中旬に月700円で最大3台分の補償が受けられる「モバイル保険」が、さくら少額短期保険から登場。 iPhone6ケース シャネル風保険会社が提供する“モバイル端末用保険”とはどのようなサービスなのだろうか。 ■水没もOK! 年間10万円までの修理費用を補償 「『モバイル保険』は国内で初めて個人に紐づく保険として、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンといったモバイル端末、IT機器の修理費用を年間10万円まで補償します」(モバイル保険広報事務局・瀧本祐子さん) Wi-Fi、Bluetoothで接続できる端末なら携帯ゲーム機やスマートウォッチなどでもOKで、3台のうち1台を主端末、残り2台を副端末として設定。 iPhone6ケースグッチ主端末の場合は最大10万円、副端末の場合は最大3万円まで修理費用として支払われる。 通常の故障はもちろん、過失による水没や盗難、修理不可(※)という場合でも補償の対象となる。 エルメスiPhone 6ケース (※修理不能の場合、主端末なら購入金額か2万5000円のいずれか低いほう、副端末〈2台合計〉なら購入金額か7500円のいずれか低いほう) 個人に紐づく保険なので、価格が安いネットショップ等で購入したスマホでも登録すれば同様の補償が得られるというのもユニーク。対象は「日本国内で販売されたメーカー、キャリア純正の製品(日本法人を設立している日本国外メーカー含む)」とのことなので、実機を量販店等でチェックして、実際にはネットショップで購入、なんて人に向いている。 iPhone6sケース ただし、「購入後1年未満の端末」であることが加入条件となるので注意が必要だ。 ■1年で複数回画面が割る人にはおトク…!? これまでは、キャリアや家電量販店が独自の補償サービスを提供し、必要な人は端末ごとにオプションで加入というスタイルが一般的だった。 超人気iphoneケース内容にもよるが、1台380~650円ほどかかるため、モバイル保険で3台までまとめることで安く収まるという人は多いだろう。 とはいえ、どの程度“壊す”人だと元が取れる計算となるのだろう? iPhone 6sを使っている場合について、編集部で独自に計算してみた。 iPhone6ケースグッチ ○iPhone 6s「画面が割れた」場合 ・修理料金(Apple Care+に未加入):1万4800円/回 ・1万4800円÷700円(月々の加入金額)=21.1カ月 つまり、2年間1度も画面を割らない人なら保険に加入するよりもメーカー修理の方が安上がりだが、それ以上の頻度で割る人はおトクという計算に。3台分の補償と考えれば、比較的ありえそうな数字だ。 超人気iphoneケース